文系の就活奮闘記-のっぺる-

主に就活のこと、また英語や日々の出来事についても書いていこうと思います!

姫路観光

今日は彼女と姫路を観光してきた。

 

大学生になり一人暮らしをするまでおよそ18年姫路に住んでいたが、実際に観光してみると新たな発見も多い。

 

1.タコピア

いわゆる明石焼きなのだが、明石流と姫路流の2つがあるらしく、明石流は出汁だけ、姫路流はソースをかけ更に出汁につけて食べるそうだ。今まで姫路流を姫路流と知らずに食べていた私は21歳になり初めて両者の違いを知った。

 

2.姫路城

高校時代は毎日お城の周りを通って高校に通っていたものだが、城内に入るのは小学生の遠足以来だろうか。平成の大修理が完了して以来一度も訪れたことがなかった。そういやこんなものもあったなーというものもあれば、幼い頃には気にも留めていなかった、城の要塞としての仕掛けの数々に目が止まった。幼い頃に行ったきりのところをもう一度訪れてみるのもいいかもしれない。当時とは違う視点から見ることができる。

 

3.動物園

この動物園、すごい。なんと大人200円である。子供に至っては30円である。採算は取れているのか!安かろう悪かろうと思いきや、見所満載。動物園なんて子供騙し、なんて思っていたら大間違い。特に筆者が楽しんだのは、サバンナモンキーの前戯(勝手な妄想)である。あいつの◯玉、青い、、超絶青い。そしてメス猿と中々にいちゃついているのだがなかなか行為に至らない。20分近く眺めていたが、あまりの進展のなさに終に観察を諦めてしまった。話しは変わるが、動物園にヒトのカップルを入れてみてはどうか?倫理的に無理か。ではその倫理とやらは動物には適用されないのか。

 

4.好楽園

ここは今まで一度も行ったことがなかった。が、とてもよかった。非常に美しく洗練された庭園である。まあこれまできたことがなかったことも理解できる。このよさを理解するには当時の私はまだまだ幼かったのである。

 

5.東來春

姫路市民なら皆知っている、と思われるシューマイで有名な中華屋さん。私は幼い頃からここのシューマイを食べてきて、私にとって東來春のシューマイはソウルフードのようなものである。このシューマイ、一般的にシューマイとして売られているものとは違いもちもちした食感で、どこかピリッと辛い。これがシューマイと呼べるかは分からないが、ぜひ一度は食べてみてほしい。ここは姫路を訪れた彼女に是非紹介したかった店で、気に入ってもらえたようでよかった。

 

6.えきそば

実際に店舗で食べるのは初めてだ。商品化されたものはよく食べていたが、どこか懐かしく優しい味。めちゃくちゃ美味しいというわけではないが、これを食べると「あ〜姫路に帰ってきた。」。そんな風に思わせてくれる食べ物である。

 

姫路というのはまだまだ発展途上なのだろうけど、商店街を中心とした古くからの城下町と、駅周辺の近代的複合施設が集まる街並みの調和がうまく取れた街であると思う。道は広いが、梅田とは違い人通りが少なく、非常に落ち着いた生活ができそうな街である。今後、どうなっていくのかが楽しみである。